メール配信サービスとは

HOME>メール配信サービスとは

当社のメール配信ASPサービス「リアルタイムエクスプレスメール」は、あらかじめ登録された顧客に対して、一人ひとりの嗜好に合わせたメールをパソコンや携帯電話に向けて、大量に高速配信することが可能なメールシステムです。

本サービスはセコム山陰のデータセンターで管理しており、ASPサービスによって提供されるため、低価格で導入及びサービスの利用が可能です。また、システムのメンテナンス等も不要となりますので、管理者様の負担を軽減できます。

サービスの特長

気象情報・J-ALERTの連携(自治体様向け)

気象庁の発表する気象情報を自動的に取り込み、自動で配信することができます。夜中や休日時にも自動で配信されるので便利です。(オプションサービスです)

J-ALERTは、内閣や気象庁から(一旦は消防庁に伝達)地方自治体に伝えられる緊急情報です。 国民保護法に関する内閣府からの情報と気象庁からの気象警戒情報は、自動的に防災行政無線に連動するように改善が進められているものです。
弊社のメール配信ASPサービスは、J-ALERTとも連携を可能にしており、内閣からの連絡があれば自動的に登録者へメールを配信することが可能です。(オプションサービスです)

緊急時でも簡単操作で迅速に配信

リアルタイムエクスプレスメールは、初めての人でも簡単に配信作業を行なうことができるシンプルな画面構成になっています。また、操作方法の簡素化により、操作ミスにより配信事故を予防することができます。オプションの簡易送信機能の利用で、携帯・スマホからの送信や簡単操作で配信することができます。

・簡易送信機能は携帯やスマホから配信できます!
・事前に条件や雛形を登録することで2ステップで配信できます

1分間に10,000通高速配信

緊急時には少しでも早く情報を伝える必要があります。弊社では携帯電話へのメール配信を前提としたシステムを構築しており、1分間に10,000通以上の高速配信を可能とします。

安否確認・職員参集システム

職員の安否の確認や未回答者への再送信機能などを実装しています。管理者は、回答リストをリアルタイムに確認することが可能です。(オプションサービスです)

緊急速報メール一括配信

通常のメール配信に加えて主要携帯キャリア向けの緊急速報メールを一度の操作で配信することが可能です。(オプションサービスです)

第三者認証

メール配信のシステムは、弊社のインターネットデータセンターと呼ばれる専用施設で厳重に管理されています。データセンターは十分な耐震性を有しているだけでなく、監視カメラや入退館システム等はセコムの最新セキュリティシステムを採用した高い防犯機能を保っています。

運用面についてもプライバシーマーク、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)、事業継続マネジメントシステム(BCMS)の認証を取得しており、ハード・ソフト両面においてお客様の情報資産をお守りしています。

プライバシーマーク

プライバシーマーク

認定番号:17000020
有効期間:有効期間、更新回数の確認はこちらからお願いします。
認定機関:社団法人日本情報システム・ユーザー協会

事業継続マネジメントシステム

事業継続マネジメントシステム

適用規格:ISO22301:2012
登録番号:BCMS591605
登録組織:セコム山陰株式会社
       セキュアデータセンター山陰
登録範囲:セキュアデータセンター山陰におけるデータセンター事業
審査登録機関:BSIグループジャパン株式会社

情報セキュリティマネジメントシステム

情報セキュリティマネジメントシステム

適用規格:ISO/IEC27001:2013/JIS Q 27001:2014
登録番号:IS 630414
登録組織:セコム山陰株式会社
セキュアデータセンター山陰
登録範囲に含まれるその他の事業所:
セキュアデータセンター鳥取
セコム山陰ITラボラトリー
登録範囲:データセンター内における下記の業務
(1)ハウジングサービス
(2)ホスティングサービス
(3)アプリケーションソフト開発
審査登録機関:BSIグループジャパン株式会社


Copyright(C) SECOM.SANIN CO.,LTD. All rights reserved.