機械警備サービススタッフ(BE:ビートエンジニア)

2014年1月入社 30代

 

【 ホームセキュリティをご契約いただいているお客様とのエピソード 】

 

そのお客様は、私が入社した頃は現契約者のお父様が一人暮らしをされておられました。

何度か救急対処でお伺いしており、ある時、転倒介助した後に少しお話をすることがありました。

私とはかなり歳が離れておられ、私自身も父親とかなり歳が離れていたため、自分の父親に接するような

気持ちで対応しました。

それからしばらくし、そのお父様が亡くなられたと聞き、何度かお会いしてお話しをしていたので、

少し寂しい気持ちになったのを今でも覚えています。

 

そのお父様の1周忌の法要でご子息様夫婦が戻ってこられ、その際にとお約束していた保守点検のため、

ご契約先にお伺いしました。

保守点検を行い、済ませて帰ろうとした時に、「セコムさん少し時間いいですか。」とご子息様から呼び止められました。

「セコムさんには生前、父親が大変お世話になりました。いつも父親のことが心配で連絡していましたが、

父親はいつも何かあればセコムがすぐ来てくれるから心配するな。」とご子息様に仰っておられたとのことでした。

さらにお父様は我々、機械警備サービススタッフ(BE)が対応した際の報告書もすべて保管しておられ、お父様が書かれていた日記も拝見させていただきました。

その日記には、私が対応した日のことも書かれており、「力持ちのアンチャンが助けてくれた。」と一行書かれていました。

 

この一行を見た時、セコムに入社して良かった、先輩方が築き上げてきた信頼の元に人々の役に立てているんだなと改めて思った瞬間でした。